全商連トップページ
中小施策 税金 国保・年金 金融 経営 業種 地域 平和・民主 教育・文化 県連・民商 検索
 全商連とは活動方針・決議署名宣伝資料調査婦人部青年部共済会商工研究所発行案内入会申込リンク
  トップページ > 地域のページ > 小規模基本法と地域経済振興のページ
小規模基本法と地域経済振興のページ

小規模基本法を地域で生かす

 2014年6月20日、第186国会で小規模企業振興基本法が成立し、国とすべての自治体に小規模企業への支援が責務として明確化されました。全商連は2011年に「日本版・小企業憲章(案)」を発表し、小企業政策の根本的転換を求めるとともに、小企業・家族経営の役割を正当に評価し、その経営環境を改善する政策方向を提案してきました。小規模基本法を地域で生かすため、各地で自治体交渉に取り組んでいます。

愛知県犬山市 産業振興条例制定へ=愛知・尾北民商

 愛知・尾北民主商工会(民商)はこのほど、犬山市が来年度「産業振興基本条例」を制定するにあたり設置した「産業振興基本条例検討委員会」の委員に山下富士夫副会長=木製家具製造=を推薦しました。同委員会は11人で構成され、条例制定に向けて9回行われる予定です。

全国商工新聞(2017年11月13日付)
[詳しくはこちら]

日本版・小企業憲章
日本版・小企業憲章(案)(2011年7月10日)

小企業の役割示し全商連の政策を提起=参院委で太田副会長が陳述

 小規模事業者・個人事業主への支援に光を当てる小規模企業振興基本法案など小規模二法案の参考人質疑が6月17日、参院経済産業委員会で行われ、全国商工団体連合会(全商連)の太田義郎副会長ら3人が意見陳述しました。

全国商工新聞(2014年6月30日付)
[詳しくはこちら]


 

全国商工新聞の関連記事